2017年大注目の最新端末WX03が大ヒットしている理由を大解説!

 2016年後半に発売されたWX03が売れています。当サイトからの販売もダントツに多く、以前までの機種とは一味違う勢いを感じます。
そこで今回は、なぜWX03が選ばれるのかを分析してみました。

  

下り440Mbpsの超高速通信対応!

 まずはこれでしょう。数年前は下り110Mbpsでも早い早いと言われていたのですが、ここへきて更に早くなっています。さすがに440Mbpsに対応している地域とまだ対応していない地域もあるのですが、エリアマップを見ていただければ分かる通り都市部にはほぼ対応しています。

440mbps

電源がパワーアップ!さらに省電力機能の追加で長時間使用可能に!

 あと、誰もが気になるのが連続利用時間ですよね。WX03は2890mAhの大容量のバッテリーで、連続で440分(7時間20分)の利用が可能です。これは普段外出先で利用する場合は十分な時間です。しかも、440分と言うのは440Mbpsの速度が出せるハイパフォーマンスモード時の利用可能時間で、速度を110Mbpsに落とすエコモードの時には740分(12時間20分)も利用できます。もちろん待ち受けだと数日は十分持つので安心して利用することが出来ます。

 さらに便利になったのが、電源を切り忘れた時に60分経った時点で自動的に電源が切れるタイマー機能の追加と、電池残量が少なくなってくるとスマホにお知らせしてくれる機能の追加です。

 タイマー機能は使わないのに電池だけが減っていくのを防いでくれますし、スマホにお知らせしてくれる機能のお陰で事前に充電する事が出来るので、使いたい時に電池がもう無い!と言ったトラブルから解放してくれます。

2890mah

 

家の中でもさらに安心!クレードルもパワーアップ!

 Wimaxを家で固定回線の代わりに使い人が年々増えています。その時に心配なのが屋内での電波の入り方。正直以前とは違い、ほとんどの家の中でも高速通信する事が可能にはなっています。ですがマンションの形状や部屋の向きによっては電波の入り方が悪い場所があるのも事実。そんな時に安心なのがこのクレードルです。このクレードルは普通に充電台としても使えるのですが、なんと追加のアンテナとしても利用出来、クレードルに差している時は3直交偏波アンテナと言ってアンテナの方向を1つ増やす事ができるんです。

 そうする事によって、家の中で端末がそばに無い時でも安心して高速通信を楽しむ事が可能になりました。クレードルは別売りなのですが、家の中でもたっぷり楽しみたい方は是非一緒に使い始めてみてください。かなり便利ですよ!

3tyoku

まとめると2017年はWX03で決まり!

 Wimax2+を使いこなすには上記の機能の追加でさらに便利になったWX03が本当にオススメです。常々Wimax2+の端末は最新がオススメと言ってきましたが今回も間違いありません!ぜひこの機会にWimax生活を始めてみてはいかがでしょうか。

 

コメント

  1. […] 2017年大注目の最新端末!WX03が大ヒットしている理由を大解説! […]

  2. […] 2017年大注目の最新端末!WX03が大ヒットしている理由を大解説! […]

タイトルとURLをコピーしました