WiMAX、WiMAX2+をご家庭で使う時に知っておきたい4つの事 -WiMAX2+屋内速度調査-

皆さん、WiMAXがすごく便利なネットワークってご存知でしたか?
昔に比べてエリア、速度共に段違いに広く、早くなり、そして今では固定回線の代わりにWiMAX2+を利用している人もどんどん増えて来ているくらいです。私もその1人です。今日は屋内でWiMAXを使うにあたって知っておくべき事をまとめてみました。

Wimax2+なら屋内でも安心!マンションでも繋がります!

esta2

 この画像は、大阪梅田のestと言う大型商業施設の中でWimax2+の通信速度を測定した実際の数字です。完全に屋内で人も多く通信環境としてはかなり悪い方なのですが、速度は十分に出ています。もちろんインターネットの読み込みも快適で、Youtubeなどの動画も快適に閲覧出来ていました。

 Wimax2+の下りの最大速度は220Mbpsなので最大速度には遠く及びませんが、それでも必要十分な速度は出ています。ここで重要なのは、大型商業施設のような、以前なら通信自体不可能であった場所ですら十分な速度で通信出来ている、と言う事です。

住宅用のマンションではここまで通信環境が悪くない場所がほとんどです。つまり、普通のご家庭で使う場合はWimax2+のエリアにさえ入っていれば通信速度で困る事はほとんどありません。実際私も部屋の中にWimaxのルーターを置きっぱなしにして他の部屋でスマホやPCでネットに繋いでいますが、繋がらないといった事はなく、まるで固定回線の無線Wifiルーターのような使い方をしています。

 他にも様々な場所で通信速度を調べた結果、かなりの奥まった場所で人ごみでも動画を閲覧出来る程度の速度がキープされている事がわかりました。

参考記事

 ですので、もし屋内での通信に不安がある方がいらっしゃったら上記の記事を読んでみてください。安心してWimax2+を申込む事が出来るかと思います。

[rank1]

気になるのは速度制限!でもギガ放題ならほとんど心配要りませんよ!

 Wimax2+で気になるのは速度制限ですが、これに関しては通信制限のまとめ記事で詳しくまとめました。

 この記事を見ていただくと、基本的にギガ放題のプランを選んで頂き、よほどの使用量でなければ制限に関してはそこまで心配しなくても良い事が分かって頂けるかと思います。もちろん、制限がある事自体に不安があるという方もいらっしゃるかと思います。そこまで気になる方でも、最近は端末で通信量をすぐに確認する事が出来る(参考記事:通信量はすぐに確認出来る)ので、どうしても不安な方は確認しながら使用すると制限に掛かる事は無いかと思います。

プロバイダ選びについても悩みますよね!でもこの記事を読めば大丈夫!

Wimax2+を使おうと決めても、プロバイダ選びがまた悩みますよね。と言うのも、Wimax2+の回線はどのプロバイダであってもUQのものを使用しているので回線の質は同じなんです。なので、プロバイダを選ぶときにはキャッシュバックと月額料金で選ぶのが良い選び方です。

 以下の記事に最も分かりやすい各プロバイダの比較をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:日本一分かり易い!Wimax2+のキャンペーン比較まとめ!


 

 

WiMAX2+は2015年春からさらに高速になります!

shinkansenWIMAXとは高速で利用できる無線のインターネット回線のひとつで、その名の通りWiMAXという通信技術を使っています。その中での通信方式には、WiMAXとWiMAX2+の2種類があって、それぞれ違いが有るのですが、まずは、2015年春からそれぞれの最大通信速度が変わってきます。2015年春まではWiMAXの下り速度の最大値は40Mbps、WiMAX2+は下り速度の最大値は110Mbpsでした。2015年の春からはWiMAX2+を高速化しており、電波の割り当てをより強化するために、WiMAXは低速に、WiMAX2+はより高速になりました。WiMAXは最大下り速度が13.3Mbps、WiMAX2+は最大下り速度が220Mbpsになっています。

このWiMAX2+を倍に高速化した技術には二つの方式が採用されています。一つ目の4×4MIMOは、基地局とルーターそれぞれに4つずつのアンテナを搭載して、複数のデータを同時に通信しあうことによって高速化を実現することのできる技術です。対応するルーターはWX01と言う機種になるのですが、2015年3月に発売になりました。

二つ目の技術はキャリアアグリゲーションと呼ばれるもので、今までWiMAXに割り与えられていた周波数をWiMAX2+に移譲し、その周波数を束ねることによって高速な通信が実現できる技術です。この技術によってWiMAXは低速になってしまうのですが、その代わりにWiMAX2+はより高速な通信を実現できることになるわけです。これも専用のルーターが必要になり、すでに発売されている新機種には搭載されています。

電波はかなり改善!屋内でも繋がる!

以前のWiMAXの弱点と言えば屋内に弱い事でした。自宅マンションなど、それほど屋外から離れてないような場所でも電波が弱かったり途切れたり、、、

しかし、屋内でも快適に使用出来るようになったのもWiMAX2+の大きな特徴の一つです。まず、私や友人の自宅で試した所、普通の自宅マンションの部屋の中では何の問題も有りませんでした。特に、友人の家では光回線よりも速度が出ていたので私も友人もびっくりしました。ちなみに私のマンションでは、どんなに奥まで行っても下りで20Mbps程度出ていますよ!かなりサクサクです。

そして、外の商業ビル内ではどうかと思って色んな場所で調査してみたんですが、駅ビルのカフェなんかでもほとんど使えるんですよね、これが。もちろん外と比べると速度は落ちていましたが、ネットやYoutubeを見る程度なら全然普通に見る事が出来ていますよ。
実際の速度も測定しているので、下の記事も読んで頂けると嬉しいです。

参考記事

WiMAXとWiMAX2+の違いはエリアと通信制限に有り!

dotira

ここまでの情報だと通信速度の速いWiMAX2+だけで良いように思われますが、じつは単純にそうとも言い切れない部分が有るんです。

それは、大きく分けるとエリアの制約と通信量の制約です。エリアはWiMAXの方が通信できる範囲が広く、WiMAX2+は現在エリアの拡大中なんです。都市部から離れれれば離れる程WiMAX2+の電波が入らない所が増えて、WiMAXで通信しないと行けない場所が出て来ます。

といっても、この制約も2014年までの話。2015年春現在、ほとんどWiMAXのエリアとほとんど変わらないくらい拡大しており、私が以前住んでいた名古屋市内ではどこにいってもほぼ不自由なく使うことができていました。ちなみに、2ではない普通のWiMAXだけしか入らないエリアでも、通常のネットなら十分快適に使う事が出来るので安心して下さいね。

通信量の制限に付いてですが、こちらの記事に詳しく書いたのですが、WIMAX2は一ヶ月で7GB通信すると、その月の残りの日にちは通信速度がかなり下がってしまうんです。これがなんと128kbpsという激遅回線になってしまって、まるで昔の携帯電話を思い出す遅さなんです、、、

ですが、ヘビーにネットを使い倒したいと思う人の為に「ギガ放題」と言うプランも用意されていて、このプランを選ぶと月間の通信量に制限が掛からなくなるんです。ですので、WiMAX2+をヘビーに利用される方、特に私のように固定回線の代わりとしても利用する事を考えている方は絶対「ギガ放題」のプランを選ばれるのをお勧めします。

参考記事

WiMAX端末でWiMAX、WiMAX2+回線を手動で切り替えられる→自動選択に移行中(?)

WiMAX、WiMAX2+を使用できる通信モードは三種類あり、これは使用する端末によって変わってきます。

1つめはノーリミットモードで、通信方式にはWiMAXを利用し、月間での通信量の利用の上限はありません

2つめはハイスピードモードで、通信方式にはWiMAX2+とWiMAXを使用します。WiMAX2+がつながるところでは優先的にそちらを利用します。速度がとても早い代わりに、ギガ放題プラン以外では月間7GBに通信量の上限が決められることになります。
2015年春から開始される新しいプランの「ギガ放題」では、WiMAX2+を利用するハイスピードモードにおいても月間での通信量の上限はありません

3つめはハイスピードプラスエリアモードです。通信方式にはWiMAX2+とau 4g LTEを利用します。WiMAX2+が利用できるエリアでは優先的にそちらを利用しますが、エリア外で通信できないところではLTEで通信を行います。LTE網は携帯電話のエリアなので非常に広い範囲をカバーすることが出来るのが特徴なのですが、WiMAXの月額料金とは別にオプション料金がかかり、7GBの通信量の上限が課されます。

3つめのハイスピードに関しては、使った月にオプション料金が余分に掛かってしまうので、旅行や帰省でどうしてもエリア外で高速回線を使いたい月だけ利用する事にして、普段はあまり使用する事は無いかと思います。私はギガ放題プランで使っているので、ハイスピードモードで使っています。

現在、WiMAX2+のエリアが広まって来ており、特に2ではないWiMAXの回線が必要ないと言う人も多くなって来ています。最新端末のWX01ではWiMAX回線は使えるものの、手動では切り替えられなくなっており、WiMAX2への移行が急速に進んでいるのを感じます。速度が速い回線のエリアが広がって、どこに居ても高速回線でネットが出来るようになれば、いつでも快適にネットが利用出来るようになって便利になるので大歓迎ですよね!

どこのプロバイダを選んでも回線は同じって本当?→本当です!

現在、WiMAX2+を契約する時には様々なプロバイダから1社選ぶ必要が有ります。その時、回線の品質などに違いは有るのかというと、基本的にはありません。理由は、WiMAX端末から基地局に至る設備まで本家UQの設備を使っているためで、同じ物を使っているので差が出るはずが無い、と言う事になります。プロバイダごとにキャンペーン合戦を行っているのは、同じ物を販売しているので差が出るはずもなく、差が付くのは契約時のキャンペーンのみだからです。つまり、契約を考える際にはまず、現時点でどこのプロバイダを選べばお得かを考えれば良い、と言う訳です。

プロバイダでお悩みならこの記事もどうぞ!きっとお役に立てます!

日本一分かり易い!wimax2+のキャンペーン比較のまとめ!2016年2月版

プロバイダを選ぶならここ!特典とキャッシュバックで比較するとこうなった!

まとめ

ここまで書いた通り、WiMAX2+は「高速」で広いエリアの中なら「どこでも繋がって」、しかも「屋内でも繋がる場所も多く」さらに「通信制限の無い」プランもある素晴らしいモバイルネットワークです。私はWiMAX歴5年ですが、今では仕事はもちろん家でも固定回線の代わりにWiMAX2+を使っています。速度も電波の感度も気持ち良く使えて、さらには固定回線が必要無い分通信費の節約にも役立ってくれています。旅行先でも、実家に帰省しても、いつもと変わらない回線品質でネットに繋がる事が出来ると言うのはとても気持ち良いですよ。

関連記事

最強端末、WX01の評価とオススメポイント! -WiMAX2+屋内速度調査-
WiMAX2+の電波は大阪難波駅周辺や屋内でどのくらい入るのか?
WiMAX歴5年の私が、固定回線とWiMAX2+を比較して解ったメリットとデメリットとは?

現在各プロバイダが春のキャンペーンを展開中!最新の割引情報を今すぐチェック!

【@nifty】WiMAXなら1年契約でお得なキャンペーン実施中!

2年間ギガ放題が上乗せ無し!PEPABO WiMAX(ペパボワイマックス)


UQ WiMAX【WiMAX2+新端末登場!】商品券3,000円をプレゼント!

BIGLOBE WiMAX 2+

タイトルとURLをコピーしました