WiMAX2+だと持ち運びに本当に便利!旅行や出張中でも快適ネット!

WiMAX2+
待ち合わせのカフェでも大活躍!

WiMAX2+の便利なところは持ち運びができて、すぐにどこでもインターネットができるという点です。

旅行先や出張などでもパソコンを使ってインターネットで調べ物をしたり、ファイルをやりとりしたりという機会はビジネスマンや学生でも良くありますよね。また旅行においては、旅先のレストランの情報、観光スポットの情報、目的地まで地図をアプリで調べるというのは必須の行動になっています。

ビジネスホテルでは今となっては有線のLANケーブルや無線LANが飛んでいるというところが珍しくはなくなってきましたが、まだまだ一般のホテルや旅館ではインターネット回線が普及していないというのが現状です。特に外国と比べると、日本の宿泊施設、または街中でも無線LANが整備されているところはまだまだ少ないです。旅行先や出張先で使いたいときに使えないという状況はとてもストレスですよね。そんなときに使えるのがWiMAX2+だと思います。

WiMAX2+のモバイルルーターを旅先や出張先に持って行って、電源を入れて接続すれば、電波がつながるところであればどこでも快適にインターネットを楽しむことができます。私も旅行や出張には必ずWiMAX端末をかばんに入れて必要なときに使用しています。ほぼ家で使う時と同じような高速なデータのやりとりをすることができてストレスなく使用することができます。ただし少し地方部に行くとエリア外の場所も有るので、その時はau4GLTEの利用もお勧めですよ!

WiMAX2+なら地下鉄でも安心!どんどんエリアが拡大していますよ!

さらにWiMAX2+は主要都市の地下鉄などでも整備がかなり進められており、2015年1月現在で、札幌市営地下鉄、仙台市地下鉄、都営地下鉄、東京メトロ、横浜市営地下鉄、名古屋市営地下鉄、大阪市営地下鉄、福岡市地下鉄で利用が可能となっています。昔は絶望的だった地下鉄でも快適に利用が出来るなんて革命的です!

新幹線の車内でも安心!快適にネット出来る環境になってますよ!

さらに東海道新幹線、成田エクスプレス、スーパーひたち・フレッシュひたちの車内でも利用することができます。特に東海道新幹線は私も利用しているのですが、トンネルが多くて圏外になりやすい区間が多かったのですが、UQWi-fiに接続できるようになってから、車内でも仕事がスムーズにできるようになりました。出張で利用する方にとってはとてもうれしいサービスではないでしょうか。またJR東日本の新幹線のコンコースとホームでもWiMAXが使えます。待ち時間にパソコンを接続して仕事をすることもできます。

旅先では私はスマートフォンのLTE回線とWiMAX2+の回線を使い分けて、移動等のちょっとしたデータ通信のやりとりはスマートフォンで済ませて、大きなデータのやり取りをするときや、地図アプリなどのデータが大きくなるようなものを使用するときにはWiMAX2+の端末を立ち上げるようにしています。ずっとWiMAX2+の電池を入れっぱなしにしておくと、いざ使おうと思った時に使えなくなるので普段はスリープモードにしておいて、使いたいときにだけスイッチを入れています。このような使い分けをすることによって通信費を節約しながら旅行先でも快適にモバイル通信の環境を手に入れることができます。

現在各プロバイダが春のキャンペーンを展開中!最新の割引情報を今すぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました